看護学生の就職は文化放送ナースナビ

神戸および近隣病院特集

兵庫県立こども病院
(兵庫県立病院)

希望していた急性期医療と
子どもの看護に携わり毎日が充実
樋野 朝美
小児救急医療センター 2011年 入職
神戸市医師会看護専門学校 卒業

兵庫県立こども病院 (兵庫県立病院) 樋野 朝美

  • 豊富な経験が積めるところを重要視しました

    就職活動は、まず通っていた専門学校で情報収集した他、看護師をしている母と姉から話を聞くことから始めました。そして気になった病院のWebサイトにアクセスするなど、インターネットを活用して調べました。

    私は急性期、特に救急医療に興味があったので、該当する診療科がある病院をピックアップして、病床数などを確認し、看護師として豊富な経験を積める環境かを考えました。就職活動中は、看護師になれる嬉しさを感じるのと同時に、自分が希望する職場で働けるのか、選んだ職場の環境が自分に合うのかという不安も入り混じっていました。

    子どもが好きということもあり、小児看護に関わることができる当院に惹かれました。県立病院であり、しっかりした教育プログラムや他病院への研修など豊富に経験が積めると感じたことや、福利厚生が充実していた点も魅力でした。

  • 教育体制が充実していて専門的な技術も習得できる環境

    当院の新人研修は、ステップアップできるよう研修が毎月行われ、臨床に活かせる看護を学ぶことができます。院外研修などもあり、自己の課題に合わせた学習ができることも特長の一つです。特に、救急蘇生研修で学んだことは部署での看護実践で役立ちました。

    先輩方はとてもやさしく、新人指導にも熱心で、病棟内での勉強会も開催していただきました。新人・先輩問わずレベルアップのために積極的に学ぶ姿が印象的で、常に刺激を受けています。

    私は、生命の危険にある重症な子どもの救急治療を専門的に行う部署に所属し、集中治療を安全・確実に行えるよう日々励んでいます。また救急という特殊性から、子どもとそのご家族の精神的サポートにも力を入れています。

    働いて感じる当院の魅力は、看護師としてステップアップできる環境が整っていることです。当院ならではの知識・技術や、より良い環境づくりを学ぶことも挙げられます。

  • 事前に予定を立てて休日はメリハリをつけて過ごしています

    神戸は海に近く、景色もいいので通勤などでも癒されます。街にも近いので、仕事終わりや休日に出かけてリフレッシュできる場所が多いのもうれしいですね。気候も温暖で、とても住みやすい街だと思います。

    休日はしっかり休む日、思い切り遊ぶ日など事前に予定を立てて、メリハリをつけるようにしています。旅行など楽しい予定があると、より一層仕事もがんばれる気がします。仕事は日々一生懸命取り組み、休日には好きなことをして楽しむことで充実した毎日が送れています。

兵庫県立病院

住所
〒 650-8567
兵庫県神戸市神戸市中央区下山手通5-10-1
病床数
3795床
診療科目
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児循環器内科、腎臓内科、神経内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、心療内科、漢方内科、緩和ケア内科、感染症内科、腫瘍内科、外科、頭頸部外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、乳腺外科、小児外科、整形外科、形成外科、精神科、アレルギー科、小児アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、救急科、小児救急科、歯科口腔外科、児童思春期精神科、歯科、新生児内科
看護方式
固定チームナーシング又は
パートナーシップナーシングシステム(PNS)
看護配置
病院により異なる

兵庫県立病院

グループ病院

  • 兵庫県立尼崎総合医療センター
  • 兵庫県立西宮病院
  • 兵庫県立加古川医療センター
  • 兵庫県立淡路医療センター
  • 兵庫県立光風病院
  • 兵庫県立柏原病院
  • 兵庫県立こども病院
  • 兵庫県立がんセンター
  • 兵庫県立姫路循環器病センター
  • 兵庫県立粒子線医療センター

病院合同説明会参加会場