看護学生の就職は文化放送ナースナビ

神戸および近隣病院特集

兵庫医科大学病院

ケアの基本は、患者さんが一番
研修や実践で日々感じています
R ・K
ICU 2015年 入職
名桜大学 卒業

兵庫医科大学病院 R・K

  • 多くの大学病院を見学し、ここで働きたい!と思いました

    看護師をしている母の働く姿に憧れて、小さい頃から看護師になりたいと思っていました。その夢を持ち続けたまま大学の看護学科に入り、講義や実習を受ける中でさらに「看護師になってたくさんの患者さんと関わりたい」と強く思うようになりました。

    就職先に大学病院を選んだのは、教育体制が整っており、看護の専門性を高められると考えたからです。そこで大学3年の春休みに多くの大学病院を見学し、当院と出会いました。インターンシップに参加した際、先輩と後輩のふれあいが温かく、人間関係が良く働きやすい環境に魅力を感じました。沖縄から兵庫という遠い土地への就職でしたが、もともと県外へ出たいと思っていたので、不安より期待のほうが大きかったですね。

    就職活動は国家試験や実習の合間に進めなければならず大変でしたが、学内のキャリアサポートを活用し、小論文や面接の練習をしたことが思い出に残っています。

  • 「研修だけでなく日々の業務の中でも学習の機会がたくさん

    私の所属するICUには術直後や緊急入室の患者さんが多く、患者さんやそのご家族も不安を抱えておられます。そのため医師、薬剤師、PTといった他職種と連携しながら、患者さんの異常の早期発見ができるよう一番近くにいる看護師が情報提供を行うなど、患者さんとご家族が少しでも安心できるような関わりを心がけています。

    実は入職して半年経った頃に、初めてインシデント(事故につながりかねない事態)を起こしてしまい、私のせいで治療過程に影響が出てしまうのではないか…ととても心配になりました。そのとき先輩が一緒に振り返りをしてくださり、それでもまたミスをしてしまわないかと不安だった私に、「患者さんを想う今の気持ちがあったら絶対もうしないよ、大丈夫!」と言ってくれて、立ち直ることができました。入職した頃は「先輩に怒られたらどうしよう」と自分中心の考えになっていましたが、看護を行う上で一番大切なのは患者さん、患者さんのために何ができるかを考えないといけないと日々感じています。

    研修でも、初心を忘れつつある1年目の終わりに、患者さんの気持ちを思い出そうという目的で「ケアの基本」という研修が行われました。1年目の看護師が患者役をし、普段の自分たちの行動が患者さんにどのような想いを持たせるか、改めて看護について考えさせられました。

  • 大学病院の経験と知識を今後は地域の病院で生かしたい

    私の住んでいるところは、神戸や大阪にもアクセスが便利です。休みの日は同期や先輩とご飯を食べに行ったり、買い物へ出かけたり、USJにもよく遊びに出かけますね。

    また連休には少し遠出をして、四国などへプチ旅行に出かけることもあります。時にはマッサージや映画、景色を見に行くなど、一人の時間も大切にしながら楽しんでいます。今はこちらで友達もできて充実していますが、何年か経験を積んだら沖縄に帰って、大学病院で学んだ最新の看護を地域の病院に生かしたいと思っています。

兵庫医科大学病院

住所
〒663-8501
兵庫県西宮市武庫川町1番1号
病床数
963床
診療科目
内科、小児科、放射線科、精神科神経科、皮膚科、外科、 産科婦人科、整形外科、形成外科、泌尿器科、脳神経外科、眼科、 耳鼻咽喉科・頭頸部外科、麻酔科・疼痛制御科、歯科口腔外科、 救急科、輸血・細胞治療科、胸部腫瘍科、リハビリテーション科
看護方式
PNS(パートナーシップナーシングシステム)
看護配置
7:1

兵庫医科大学病院

病院合同説明会参加会場