看護学生の就職は文化放送ナースナビ

神戸および近隣病院特集

新生病院

精神疾患の患者さんが安心できるよう
コミュニケーションを大切にした看護を実践
福元 祐子
3階病棟 2014年 入職
神戸市医師会看護専門学校 卒業

新生病院 福元 祐子

  • より近くで患者さんを支えたいと思い、医療事務から看護師に

    以前は医療事務として働いていましたが、母が亡くなった時に看護師さんの温かい言葉に励まされ、自分ももっと近くで患者さんを支えたいと思うようになり、看護師を目指しました。大きな決断でしたが、迷いはありませんでした。

    就職する病院選びは慎重に行いました。まずは、就職支援サイトが主催する合同説明会に参加。そして、興味をもった病院は見学させていただきました。その時に重要視したのは、職場の雰囲気です。働いている方の患者さんへの接し方や、患者さんの表情などを自分の目で見て、ここで働きたいかをじっくり考えました。

    当院は実習を受けた時、看護師の方々が患者さんの不安を軽減するために、じっくりと話を聞き、丁寧に説明をされていたことが印象的でした。そして、患者さんの表情が和らぐのを見て、感銘を受けたんです。明るく、アットホームな病院の雰囲気も魅力でした。

  • 先輩の温かいひと言が悩みを乗り越える力になる

    現在は、うつ病をはじめとする気分障害、統合失調症、不安障害など、心身の休息や調薬が必要な患者さんの看護をしています。具体的にはクリニカルパスを使用して症状・状態を把握し、それに沿って試験外泊の調整や、服薬自己管理の指導・援助を行っています。

    入職当初はなかなか仕事に慣れず、ひとつひとつの業務に時間がかかり、落ち込んでいました。すると、先輩から「確かに仕事は遅いけれど、丁寧に仕事をしていることは評価しているよ」と声をかけてくださったんです。いつも見守り支えてくださる先輩に感謝し、うまくいかないことがあっても諦めずにがんばろうと、強い気持ちをもつことができました。

    新人研修が充実していることにも感動。院内研修は月に2~3 回開催され、看護の基礎だけでなく精神疾患の看護に必要な知識と技術を学ぶことができました。自宅のパソコンやスマートフォンで学べるオンライン講義も、すごく役立ちました。その他にも1年かけて兵庫県看護協会が主催する研修を受け、他病院の看護師と交流を図りました。

    日々の看護で大切にしているのは、患者さんが安心して入院生活を送っていただくこと。そのために患者さんとじっくりお話をして、一緒に問題の改善策を考えるようにしています。今後は退院後の生活を見据えた看護が展開できるように努力したいと考えています。

  • 情緒あふれるまちの近くに豊かな自然があることが神戸の魅力

    神戸は、豊かな自然と歴史を感じることができる素敵なまちです。少し足をのばすと海や山があり、情緒あふれるまちなみが広がっています。

    当院の周辺も緑が多く、野鳥のさえずりが聞こえ、晴れた日には海が見えます。地下鉄「西神中央」駅、JR「明石」駅から病院の送迎バスが出ているなど、通勤のアクセスが良いこともうれしいです。

    休日は外出することが多いですね。垂水のアウトレットモールや三ノ宮で買い物をしたり、旧居留地にある神戸市立博物館の展覧会に行くなどして楽しんでいます。また年に数回、友人と温泉旅行に行きリフレッシュしています。

新生病院

住所
〒651-2124
神戸市西区伊川谷町潤和字横尾238-475
病床数
180床
診療科目
精神科・神経科
看護方式
チームナーシング
看護配置
認知症治療病棟 20:1
精神科急性期治療病棟・精神病棟 13:1

新生病院