文化放送ナースナビ看護学生 TOP > 病院情報 > 横須賀市立うわまち病院

公益社団法人地域医療振興協会
横須賀市立うわまち病院

横須賀市立うわまち病院:看護師就職は文化放送ナースナビ

当院は、2002年7月、国立横須賀病院が横須賀市に移譲され誕生した、公設民営の病院です。効率的な地域医療を実践するため、開業医・救急隊との24時間のホットラインシステムの稼働、ドクターカー内での初期治療、救急センターの設置等があります。

当院独自の機能を強化するため「心臓脳血管センター」や「日帰り手術センター」など診療部門センター化も進めています。2006年度から24時間365日の小児救急医療体制を運用し、2010年7月にNICUを開設しました。また、回復期リハビリテーション病棟・療養病棟も併設し、急性期から社会復帰までの一貫した患者支援ができる体制を整えています。

救命救急センター・地域周産期母子医療センターへの指定や内視鏡手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』の導入、高精度放射線治療棟と血液浄化室(人工透析)の開設など、日々、良い医療を提供できるよう病院機能の拡充に取り組み、2015年には自治体立優良病院総務大臣表彰受賞しています。

お知らせ

・ぷちナース(インターンシップ):平日のみ
・病院見学
・奨学金貸与希望者大募集! ★月額8万円〜10万円

随時受付しています。


詳細についてのお問い合わせは、電話にて受け付けています。
TEL 046-823-2630(看護部長室まで)


★神奈川子育て応援団認証病院に認定されました!
ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください!

ページの先頭へ

資料請求 ブックマーク

  • 病院情報
  • 募集情報
  • インターンシップ

病院概要

郵便番号 〒238-8567
住所 神奈川県 横須賀市上町2丁目36 地図
電話番号 046-823-2630
施設認定・第三者認定

日本医療機能評価機構認定病院(3rdG:Ver1.1)、地域医療支援病院、DPC対象病院、救命救急センター、NICU、GCU、地域周産期母子医療センター、臨床研修病院

開設年月日 2002年 7月 1日
病院長名 沼田 裕一
看護部長名 川口 安由美
病床数 417床
職員数(看護職員数) 819名 (344名)
看護方式 固定チームナーシング、継続受持ち制
診療科目 内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、腎臓内科、小児科、外科、小児外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、呼吸器外科、精神科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、眼科、産科、婦人科、乳腺外科、救急科、病理診断科
付属施設 救命救急センター、ICU、NICU、GCU、心臓脳血管センター、消化器病センター、臨床研修センター、健診センター、シミュレーションセンター、高精度放射線治療センター、血液浄化室
外来人数 501名/日平均
入院人数 290名/日平均
看護配置 一般病棟7:1
病院HP http://www.jadecom.or.jp/jadecomhp/uwamachi/html/
ページの先頭へ
  • 横須賀市立うわまち病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    心血管センター 虚血性心疾患・心不全診療・救急蘇生を始め、24時間365日体制で、正確性、安全性を確保した迅速な治療を行なっています。ロータブレーター、デバイス治療、抹消血管インターベンション、カテーテルアブレーションにも対応しています。
  • 横須賀市立うわまち病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    産婦人科病棟  助産師と看護師が連携を図り、看護の提供をしています。入院患者が女性のみで、その中には出産だけでなく、多くの疾患を看ることのできる「愛」にあふれた病棟です。
    【母親学級開催の風景】
  • 横須賀市立うわまち病院:看護師就職は文化放送ナースナビ
    小児医療センター 27週以降の低出生体重児、疾患をかかえた医療依存性の高い15才未満の子供たちの未来のために24時間365日外来から在宅支援まで、幅広いケアを行なっています。

資料請求 ブックマーク

グループ病院・関連病院

ページの先頭へ

文化放送ナースナビ 会員登録

病院検索

(648件)

勤務地

職種・就業状況

病床数

形態

説明会・インターンシップ・見学会・試験情報

種別
  • 説明会
  • インターンシップ
  • 見学会
  • 採用試験
会場
日程 日〜
検索

教育・特長

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら