文化放送ナースナビ看護学生 TOP > SmileBook > 総合川崎臨港病院

chapter1 第一章 このふれあいでスマイルに。

    コロナ禍で面会ができない患者さんと ご家族の気持ちに寄り添いたい。

    • 総合川崎臨港病院 佐藤 吏紗

      医療法人社団和光会
      総合川崎臨港病院

      佐藤 吏紗 一般病棟

      食べることと寝ることが大好きです!甘い物が好きで自分へのご褒美として、ちょっと贅沢なデザートを買って食べると、最高に幸せになれます。この仕事は疲れることもありますが、楽しく続けられるように、自分なりのリフレッシュ法を見つけるようにしています。

  • コロナ渦で面会ができない今、ご家族や患者さんにお互いの状況をお伝えすることも、看護師の大切な役割の一つだと思うようになりました。 ある患者さんのご家族から荷物の受け渡しを頼まれ、ほとんど目の見えない患者さんにお届けしました。その荷物には、娘さんからの手紙が入っていて、私が代読をさせていただきました。 「リハビリ頑張って」「いつでも”お帰り”が言えるように待っています」と読み上げると、患者さんは涙を流して「ありがとう」とおっしゃっていました。 面会もできなくて、たった一人で入院生活を余儀なくされている患者さんの気持ち、ご家族の思いの双方に目を向けながら、看護師としてできる限りのことを精一杯しようと思っています。

総合川崎臨港病院

医療法人社団和光会 総合川崎臨港病院

  • 〒210-0806 神奈川県川崎市川崎区中島3-13-1
  • 病床数

    199床

  • 診療科目

    内科、外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、小児科、眼科、リハビリテーション科、放射線科、皮膚科

  • 看護配置

    急性期一般10:1、地域包括ケア13:1、回復期リハ15:1、療養20:1

  • 資料請求

文化放送ナースナビ 会員登録

    合説

    WEB説明会

    合説サポーター募集

  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら