文化放送ナースナビ看護学生 TOP > SmileBook > 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

chapter2 第二章 このまなびでスマイルに。

    感動の場面に立ち会い、
    喜びを分かち合える仕事。

    • 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター T

      横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

      T 3階西病棟(脳神経外科、血管内治療科)

      おいしいお肉を食べて、ビールを飲んでおしゃべりする事です!疲れて帰宅した時、リビングに子供が「やきんおつかれさま」と手紙をくれて、一気に疲れが吹き飛ぶこともあります。子供の「ママみたいな看護師さんになりたい」という言葉に励まされて日々がんばっています。

  • 私がまだ入職したての頃に担当させていただいた患者さんは、 意識障害のある女性でした。
     その患者さんのご主人様は、いつも目を閉じて反応のない 奥様に「○○ちゃん!お見舞いに来たよー」と 何度も声を掛け続けていらっしゃいました。
     治療を受けて快復し、患者さんが目を開けて笑顔を見せて くれた時に、  ご主人様はとても嬉しそうに「○○ちゃん!」と声を 掛けられていました。
     私はこのときに発したご主人様の声が忘れられず、 十数年経った今でもずっと心に残っています。
     こういう素晴らしい場面に立ち会えることが、 この仕事のやりがいであり、魅力なのだと思っています。

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター

  • 〒235-0012 神奈川県横浜市磯子区滝頭1−2−1
  • 病床数

    300床

  • 診療科目

    神経内科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、脳神経血管内治療科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、循環器内科

  • 職員数
    (看護職員数)

    417名
    (245名)

  • 看護配置

    ・一般病棟:7対1
    ・HCU:4対1
    ・SCU:3対1

  • 看護提供方式

    固定チームナーシング継続受け持ち方式

  • 資料請求

文化放送ナースナビ 会員登録

  • 2019年卒 就職相談会
  • LINEスタンプ販売中!!
  • 看護師、有資格者の方 登録はこちら